オリンパスE-3を持ってでかける

ぶらりといってきました^_^

最近めっきり撮る枚数が減ったE-3。

防塵防滴なので雨っぽいときにはとっても重宝するんですけどね。

 

桜が見頃だったということでやはり、例に漏れずぶら~~~っと歩いてきました。

 

でもやっぱり歩くと気持ちいいですね^_^

 

気候が良くなってきたこともあるのかと思いますが、こんなに気持ちいいなら毎日やるべきだな~~とも思いました。

肝心なE3ですが、重いけどラフに使ってもガンガンいけるのでいいですね。

レンズは広角つけて適当にパシャパシャ。

 

桜、根っこのほうにたまに咲いちゃってるのがかわいいと思いました。

 

関連記事

FujiFilmX100を中古で買い直した話

釣った魚を口コミで評判が良かったので「しまうまプリント」でフォトブックにしてみた

 

FujiFilmX100を中古で買い直した話

先日からやっぱり気軽にバッグに忍ばすことのできるミラーレス一眼かコンパくトカメラ熱がふつふつとしだしている。

もともとフジのX100を5~6年前に購入し、しばらく愛用していたのだったが、とある日の釣りで無様にも無くして帰ってきたのである。

 

当時10万ほどしたX100。

そのショックは計り知れず、幾度と現場と思はれる場所に探しに行ったが一向に見つからなかった。お気に入りのアイテムもたくさん一緒につけていたので本当に悲しかった。

さて、値段が値段だけにX100のことは忘れるようにしていたのだが、あのハイブリッドビューファインダーが忘れられないのである。

 

 

先日の写真がたまってきたのでしまうまプリントでフォトブックにした記事を書いたが、まさにこんな作業をしているとふつふつとあのファインダー越しにみる景色が忘れられなくなるのだ。

 

そんなこんなで、ネットオークションも考えたが銀座あたりをうろつくと程度のいいX100がチョロチョロとあったので、なかでも状態の良さそうなものを購入。

 

これでまた日頃から持ち歩くことになるので、撮影枚数がぐっと増えそうである。

 

100匹達成と2014年まとめ

8/30にキャッチした、今季100匹目のキビレ。

今年は、

■5月 → 肺炎で2週間ダウン
■7月 → 数釣れない&エイ地獄
■8月 → 台風+大雨

となかなか思うようにならず、
せいぜい90匹位で終わりかな?と思ってたのですが、
8月最終週に一気に釣れたのが良かった。

帳尻合わせ乙です、と言いたいところですが、
以前のブログ記事でも書いたとおり、
本来、例年この8月最終週は予想以上に
淀川のキビレがよく釣れる時期なのです。

5月-9月上旬のキビレシーズンのなかでも、
毎年毎年それぞれ状況というものは異なりますが、
少なくとも、お盆以降はキビレが少しづつ海へ帰っていく、
という話は明らかな俗説だと思います。

というわけで以下、8月最終週のダイジェスト。

【8/30(朝)】

今シーズン3回目となる朝練で
今年一番の釣果となる9匹キャッチ。

9匹目のナイズサイズのキビレで、
ちょうど100匹目となりました。

トップバトラーさんによる、クランクベイトで
良型キビレを連発の確変情報に
触発されたのが大きかったです。そうじゃなかったら
朝に釣り自体行ってなかったですね。多謝。

■おまけ:
夕方に再出撃、メジャーポイントにて1匹キャッチ。
夕方
ただし3連続バラシに加えおまけに1ラインブレイクという、
夕方の釣行は散々な結果でした。

【8/31(夕)】

30分程度の短時間釣行で計3匹キャッチ。
特筆すべきはシーズン終盤で今シーズン初の45cmオーバー!嬉しすぎます。

うち1匹は超小型でしたが、今年の私はセコいので1匹にカウントしてますw

おまけ:
朝に行ったハゼクランキングの外道。

【8/29(早朝)】

4匹キャッチ。
今シーズン2回目の朝練。

【8/24(昼)】

5匹キャッチ。
淀川もこれくらい釣れないと困ります。
本来だったら7月初旬前後にこういう状況になるはずなのに、今年はとにかく遅かった。

2014年まとめ
気が向いたらもう少しキビレ釣りに行くかもしれませんが、
8月も終わり、個人的には100匹達成して満足なので
ここでいったん総括してみることにする。

4月(釣行回数:7回)
計0匹

4月下旬から下流を中心にキビレ調査に行ってましたが、
1回バラしただけでさっぱり。まあ4月はこんなもんです。
てかこの時、釣り自体が久しぶりで、
まともにルアーをまっすぐキャストできなくてビビりましたw

5月(釣行回数:10回)
計17匹

2104年の淀川キビレ初キャッチは5/2(夜)でした。
例年とほぼ同じような時期で、これからスタートダッシュを
決めようと思った矢先、肺炎を患って急ブレーキ。
世の中そんなに上手く行くわけがありません。。。

6月(釣行回数:17回)
計36匹

Newステラを購入・使い始めたのが6月から。
今年の6月は例年に比べるとまあまあ釣れたほうじゃないでしょうか。
数多くは釣れたわけじゃないけれど、安定していた感じです。
が、6月下旬頃からだんだんと状況が渋くなり、
雨がほとんど降らないまま7月に突入。
にしても異常な釣行回数ですね。
そんなに通いつめてるのならせめてもうちょっと釣れよ、って我ながら思います。ははは。

7月(釣行回数:10回)
計20匹

例年、7月は一番釣りやすい時期。
のはずでしたが、今年の7月は私のキビレ歴5年のなかで一番厳しかったです。
とはいえ、1釣行毎に記録しているデータを見る限り、
苦戦はしているものの、ボウズはほとんどなくなんだかんだで釣ってました。
理由は通称:フォンダンショコラという必殺ポイントのお陰で、
このポイントに通ってなければボロボロだったと思います。
ポイント選びが一番大事だということを思い知らされた年でもありました。

8月(釣行回数:8回)
計32匹

8月は台風と大雨の影響、
そしてハゼクランキングへの浮気もあって
今年のキビレはもう諦めようかな、と
思ってたら終盤にイージーに釣れました。
例年における8月終盤のキビレの活性の高さ・魚影の濃さに加え、
今年は特に、雨による河川の流れが出たことが良かったんだと思います。

また、8月後半からはロッドをティーロ・プロトタイプではなく、
アクアプロジェクト・クロダイ74を多用しました。
個人的にフィーリングの合う素晴らしいロッドで、
かつ、使っていて楽しいロッドでした。
アクアプロジェクト・クロダイ74についてのインプレは
近いうちに書きたいと思います。

2014年まとめ
・合計:105匹(今年は30cm未満もカウントしました。セコくてすいません。ははは。)
・40cm以上:??匹(去年と同じく20匹くらい?)
・最大:45cm

あわせてこちらも

釣った魚を口コミで評判が良かったので「しまうまプリント」でフォトブックにしてみた

釣った魚を口コミで評判が良かったので「しまうまプリント」でフォトブックにしてみた

相も変わらず淀川で釣りをしてきました。

さて、今日は釣りではなく写真について少しお話ししたいと思います。

 

釣って釣って釣りまくるのもいいのですが、私の場合は記録に残して置きたい方なので、結構写真もよくとります。

このブログでも選抜した写真たちを(一応すべてお気に入りの写真たちです)自慢げにのせていますから(^o^;

 

そこで、あるていど溜まってきたらフォトブックにするというのもオススメなんですよね。

ブログにUPしているのでだいたいいつも見ることができるのですが、やっぱりプリントあるのもまたいいんですよね。

いろいろやってみましたけどよく使うのはしまうまプリント。

安くて早いので助かってますね。あまりロゴとかが入らないほうが嬉しいんですけど、他のとこだとクオリティもいまいちか、高すぎる場合がほとんどなので。

しまうまプリントのフォトブックの口コミはこちらで見ることができるんですけど、写真ずきの女性が検証したりしているブログですかね。

私の場合は、魚種や日付とかで適当に分けて作ったりしみています。

あと、全然釣り以外でも作ってみると意外と絵になりますよ、オススメです。

しかも数百円なので値段をあまり気にせずつくれるので。

 

というわけで、今日はフォトブックのススメでした。

 

参考ブログ:しまうまプリント 口コミ

 

ルアーで淀川のハゼを釣る その3

※怒涛の1日2記事更新です

8/3(日)、2日連続で淀川へハゼのルアー釣りに。

自宅すぐ前が淀川河川敷という地の利を活かし、この日は3回も出撃。

1回目は午前中。

最初から当たりまくりでした。

おまけに初のダブルヒットも。
釣ったやつを2匹撮影してるんじゃなくて、ほんとに2匹同時に釣れたんです。

ルアーはクラピーのゴールドカラー。
3つ同じ物を持ってるので、容赦なくガンガン使えるのが良い感じです。

観たいTV番組があったので12匹で撤収しました。

次、2回目の釣行は午後一から。
ポイントを変えてみることにしました。
普段のキビレゲームではまず狙わない、かなり遠浅の場所です。

ポイントの問題?潮の問題でしょうか?
ちょっと苦戦しました。

50分の釣行で6匹の釣果でした。
アタリ自体が少なかったです。

ルアーは去年のハゼシーズン時に台風直前まで活躍してくれた、
スミス/カミオンDRをメインで使用。これもよく釣れるルアーです。

3回目の出撃はちょっと雨がぱらつき始めてましたが、
嫁さんを連れて夕方前まで釣りをしました。

開始から30~40分ほどの間ほとんどアタリが無く焦りましたが、
ある一定のラインをトレースすると連発することに気づきました。
複数匹群れでルアーに猛追してアタックしまくるのが丸見えで楽しかったです。
が、そういう状況の時にこそ色々試すべきでしたね。アホでした。。。

このハゼのルアー釣り(ハゼクランキング)、大変面白いのですが
今のところ日中じゃないと成立しないっぽいのが残念です。
理由は、昼夜問わず釣れるキビレと違い、
ハゼクランキングは出撃できるのが、私の休日の日中のみに限定されるからです。

さて3回目の釣行、13匹までカウントしてましたが
途中で分からなくなり、結局何匹釣れたのか不明。
たぶん20匹超くらいだと思います。ていうか正確にカウントするの無理ですw
釣行時間は2時間近くと、ハゼ釣りにしては長丁場でした。

ちなみに3回目の釣行の写真が妙に綺麗なのは、
嫁さんの一眼レフで撮ってもらったからです。足は汚いですが。

【今回の釣行で少しだけ分かってきたこと】

■潮の動き
→当然ですが潮が動いてる時に頻繁に反応します。
上げ潮or下げ潮どっちか?についてはなんとも言い難いですが、
私は潮さえ動いていればどっちでも良いと感じてます。
大事なのは濁りが無いことと、一定の水深でしょうか。

■ポイント選び
→ハゼのことはまだまだよく分からんのですが、
砂地+石が点在する場所がベターだと思います(当然か)。
ただ、エサ釣りの方が泥底の場所で結構釣ってたりしてるのでまだまだ要研究です。
ポイント選びはもちろんですが、むしろルアーをトレースするゾーンが大事で、
バイトのない場所でも、ある決まったラインにルアーをトレースすると
面白いように連発することが分かりました。

【タックルデータ】
Rod:ヤマガブランクス/ブルーカレント68
Reel:シマノ/ソアレCI4 C2000PGS
Line PE:ラパラ/RAPINOVA-X MULTI-GAME 0.4号
Line Leader:クレハ/R18フロロリミテッド 3LB
Lure:ラッキークラフト/ディープクラピーSFT BELL、スミス/カミオンDR

関連記事

FujiFilmX100を中古で買い直した話
釣った魚を口コミで評判が良かったので「しまうまプリント」でフォトブックにしてみた

ルアーで淀川のハゼを釣る その2

8/2、また淀川へハゼのルアー釣りに行ってきました。
この日は調子がよく、20匹釣れたところでストップ。
この日のMVPルアーはHMKLのCRANK33(たぶんそんな名前)で、
20匹中、15匹がこれで釣れました。
他の似たルアーと釣り比べてみたのですが、
このルアーだけ反応が明らかに良かったです。
おそらくCRANK33は他のルアーよりも浮力が低めでボトムをトレースしやすいのと、
フックがより細いからだと思います。
他のクランクも、フックを別の細軸のものに交換すれば
もっとフッキング率は高まると思います。

ちなみに↑のクラピーはこのハゼが釣れた直後に、
まさかのアベレージサイズのキビレがヒットし、
頑張ったのですが岸際のラインブレイクでまさかの殉職。リーダーもう少し太くします。。。

なにはともあれ、HMKL/CRANK33恐るべしで、
今日はこればっかりでした。
ただ、HMKL/CRANK33は滅多に売ってない印象があるので、
ロストが怖くてあんまり多用はできませんね。それに、クラピーetcも充分優秀だと思います。
正直、ライトゲームはあまり好きではなかったのですが
ハゼのルアー釣りのお陰で好きになれそうです。


でかっ!!!
20cmのウロハゼでした。余裕の自己記録更新です( ^ω^ )ニコニコ
【今回の釣行で少しだけ分かってきたこと】

■ハゼのバイトについて
→トップバトラー宮平さんも仰ってましたが、バイトシーンを観察してると、
捕食というよりもルアーめがけて「どつき」に来てる感じがします。
実際、口にフッキングするだけでなく、鮎の友釣りのように、
背中など口以外へのフッキング(要はスレ掛かり)も多くあります。
他の方も仰ってますが、クランクベイトに対しては捕食対象ではなく
威嚇行動の一種でバイトするんじゃないかと思うのですが、どうでしょう?

■フックは細軸のほうが良い
→クラピーに標準でついてるフックでもヒットはするけど、
もうちょい細軸の方が格段に掛かりが良いです。
このことは上述の、ハゼのバイトの仕方にも関係してる気がしている。

■ルアーの巻く速度について
→基本スローリトリーブだけど状況にもよるのかなと感じました。
私は1秒1回転くらいのリトリーブスピードが良いと思います(リールにもよる)。
あとはタダ巻きだけでなく、イレギュラーな動きを混ぜるとより高反応でした。

■川の状況
→濁りがなく澄んでいて、波が少ない状況がベターだと思う。
例えば連発してる最中にボートが通りがかって波が押し寄せて浅瀬が濁った途端、
しばらく反応が薄くなりました。波が落ち着いてすぐ濁りが取れた途端、
また反応し始める、そんな感じでした。

なお、次の日の8/3もハゼクランキングに行ってるので
近日中にまた更新したいと思います。

【タックルデータ】
Rod:ヤマガブランクス/ブルーカレント68
Reel:シマノ/ソアレCI4 C2000PGS
Line PE:ラパラ/RAPINOVA-X MULTI-GAME 0.4号
Line Leader:クレハ/R18フロロリミテッド 2LB
Lure:HMKL/CRANK33、ラッキークラフト/ディープクラピーSFT BELL

関連記事

FujiFilmX100を中古で買い直した話
釣った魚を口コミで評判が良かったので「しまうまプリント」でフォトブックにしてみた
淀川について